Weather

台風で飛行機が欠航ホテル代のキャンセル料は?飛ばない場合のホテル手配も!

梅雨が明けると台風に遭遇しやすい季節になってきました。きっと夏休みで沖縄などに出かけようと計画する人も多いですよね。

そんな楽しい旅行の計画時にも頭の片隅を横切るのは台風で飛行機が欠航するときのホテル側の対応などを知っておくと不測の事態も慌てずに済みます。

Man
Man
台風で飛行機が欠航したときにホテル代のキャンセル料はどうなるのか?

実際に台風で飛行機に乗れなかった体験談も併せて紹介していきますね。

台風や悪天候で飛行機が飛ばなくなったときのホテルの手配方法などを調べていきます。

台風で飛行機が欠航ホテル代のキャンセル料は?

台風で飛行機が欠航ホテル代のキャンセル料は?飛ばない場合のホテル手配も!
Man
Man
天候不良により飛行機が飛ばない場合でも、ホテル代のキャンセル料が発生します。

悪天候によるキャンセルの場合は、キャンセル料を払いたくないと思う方もいると思いますがホテル側には責任はないですよね。

とはいえ、台風で飛行機が飛ばない場合はキャンセル料を取らないホテルもあります。ホテルにより対応が違いますので確認してみてはいかがでしょうか。

次は、ツアーの場合のホテルのキャンセル料について紹介していきます。

スポンサーリンク







台風で飛行機が欠航、ツアーの場合のホテル代のキャンセル料は?

ツアー参加前に飛行機が欠航となった場合は、キャンセル料が無料

となることが多いのですが、申し込んだパッケージツアーによりキャンセル規定が違います。申し込み時に悪天候による場合のキャンセルの規定が記載されているはずですので確認してみてくださいね。

次は、ツアー以外で申し込んだ場合を紹介していきます。

飛行機を自分でとった場合(ANA,JAL)

飛行機を自分でとった場合はツアーの場合とは違い結構に伴う手続きはすべて自分で手続きをしますよね。往復同じ航空会社で予約している場合は原則的にキャンセル料が無料となります。

Man
Man
ただ注意しなくはいけないのは行きの飛行機が欠航になった場合に行きのキャンセル料はただですが帰りの飛行機はキャンセル料が発生することがありますので確認が必要うです。

ANA,JALでは往路の欠航証明書を提示することにより手数料なしで一度のみですが対応してくれることがあります。そのため、すぐにキャンセルするのではなく問い合わせるようにしてください。

スポンサーリンク







飛行機をLCCで個人予約したチケットの場合

LCCで飛行機を個人予約した場合の台風などの悪天候による欠航時のJAL、ANAなどの他社便振替は行われていません。

そのため台風などの飛行機の欠航時は後日便への振替が原則となっています。必ず欠航時のお知らせメールが届いたら速やかに対応することを心がけてください。

もう一つ、LCCでの返金手続きの手数料はチケットの種類によって違います。一般的にキャンセル可能なチケットの方が、飛行機のチケットが高くなっていますよね。

スポンサーリンク






台風で飛行機が欠航飛ばない場合のホテル手配も!

台風で飛行機が欠航ホテル代のキャンセル料は?飛ばない場合のホテル手配も!

帰りの飛行機が台風で欠航した場合は行きの場合と異なり延泊が必要となりますよね。その時のホテルの確保は自費になってしまいます。

天災による飛行機の欠航によるホテルの手配は航空会社の過失でもないために航空会社のほうで用意することが難しいので早い者勝ちにはなってしまいますが、今後の運行状況などをインターネットで確認して振替の手続きをしたうえでホテルの手配も同時に済ませるようにしてください。

帰りの飛行機が欠航の場合の延泊の場合、空港近くのホテルを取ることが多いと思います。延泊になってしまうかも?というときは早めに宿泊先をチェックしておくと良いですよね。

台風で飛行機が欠航になった場合には宿泊費、食事代、空港までの交通費などが自費となるので旅に出かける際はあらかじめ用意しておくと慌てなくて済みます。

・台風による欠航時の対処方法

送れてでも現地に行く場合はANA、JALでは別便で無料振替を行えます。

今回のように台風による場合は自社の空き便のみの変更は可能となります。その場合の振替方法は空席待ちをすることで空席ができ次第搭乗することが可能となります。

Man
Man
私も一度飛行機の空席待ちをしたことがありますが結局のところ宿泊先に戻って延泊の末、翌朝になってやっと予約が取れて帰路についた経験があります。

その時にやはりツアーで申し込んでおけばもっと早く帰宅することができたかもしれないと反省したものです。

スポンサーリンク






台風で飛行機に乗れなかった体験談

9月の連休の日に空港までの道のりが台風による被害で渋滞していたのもあり、空港に到着するのが10分程度遅れてしまいました。

その日は台風の影響で飛行機も遅れていたのでぎりぎり乗り込めるものだと思っていたら、キャンセル待ちの人がいたのでそちらの方を飛行機に搭乗させましたので乗ることはできませんと言われたことがあります

Man
Man
空港に10分遅れてしまう時点で航空会社に連絡しておけばくやまれます。
台風などの災害時は、電話も繋がりづらい状況ではありますが早めの判断や連絡先がすぐわかるようにしておくといいですよね

もともと時間に遅れたというのもあり「空席待ち」となりその日は台風の影響もありキャンセル待ちをする人は家族も含めて5組いました。

私はその時の最後でしたので、待つしかない状態となり小さい子供たちとの旅だったので受け付けの方に早く帰路につける方法を尋ねたところ、「明日空席待ちになったことを告げてもらうことで席を確保します」との提案もあり一旦は実家に戻って朝早くの飛行機に乗って帰ることができました。

Man
Man
私の場合は、実家に帰省したのですが旅行先の場合ホテルはチェックアウト後で旅行先でしたら宿泊先を悪天候の中探すことになり大変だったことと思います。

実際、航空会社の方では空席待ちの順番待ちの人まで配慮することが難しいので早いうちから自分からサービスカウンターの方に相談して早く帰れる方法を指示してもらうことも一つの手です。自分で手を打たないと無駄に空港で時間をつぶすことになるので注意してください。

台風で飛行機が欠航ホテル代:まとめ

台風で飛行機が欠航したときの運行状況が天候調整中、条件付きの運行、台風の影響が見込まれるなどの場合は払い戻しや振替を行うことができます。旅先での場合のホテル代は原則として自己負担となります。

結局のところ台風による飛行機の欠航は無料振替が行われたとしても空席待ちや他の空き便を予約することで早い便に搭乗することができるか決まってきます。

台風にて飛行機が欠航になった時に困るのがその日のホテルなどの宿泊施設がないか?探すことにあります。

旅行代金の他にも負担がかかることがあるのであらかじめ備えておくことでサービスを受けることができなかったときのストレスも軽減することができます。

夏本番は台風の季節です。台風による飛行機の欠航時に備えて早めの対応することで旅行を楽しむことできるはずです。

スポンサーリンク