Tokyo2020

オリンピック追加チケットの種目・競技と申し込み出来ない場合も?

東京オリンピックの追加チケット販売が8月8日から始まりますね。

Man
Man
オリンピックの追加抽選で販売されるチケットは、60万枚超えると言われています。

対象競技は一次リーグや予選が中心でバレーボール、バスケットボール、ハンドボール、ビーチバレー、ホッケー、陸上なども含まれる予定です。

Man
Man
すべての競技の追加チケットが発売される訳でないこと。申し込みできないケースがあるのが注意点です。

そこでオリンピック追加チケットの当選条件やチケットの種目・競技について調べてみました。

オリンピック追加チケットの種目・競技

オリンピック追加チケットは2020年7月22日から8月9日の間で開会式、閉会式を含む競技のセッションにおいて一般チケットは729種類の用意があるそうです。

東京オリンピック追加販売チケットの競技、種目は

水泳(飛込)、水泳(水球)、陸上競技、陸上競技(マラソン)、野球、ソフトボール、バスケットボール、カヌー(スプリント)、自転車競技(マウンテンバイク)、自転車競技(ロード)、馬術(馬上馬術)、フェンシング、サッカー、ゴルフ、体操(体操競技)、ハンドボール、ホッケー、近代五種、ボート、ラグビー、テコンドー、ビーチバレーボール、ウエイトリフティング、レスリング

Man
Man
8月8日から発売される追加チケットは、25競技、種目となっています。


チケット取得できるのは主に予選などセッションとなっています。

Man
Man
オリンピック追加チケットにテニスがなくて残念との口コミも多くありました。

ただ決勝などのメダルセッションを17競技、種目で観戦することができるのもありまだチケット購入のチャンスはあると考えられます

スポンサーリンク







オリンピック観戦チケットの抽選申込の手順は8月8日未明より始まる競技セッション。

チケットの種類・座席・枚数を選択します。8月19日11時59分までに申込内容を確認や申込の手続きを終了させます。

9月11日に抽選結果発表があり、9月24日23時59分までに購入手続きをします。

購入手続きする際には来場予定者の登録や受け取り、支払い方法の選択などを行います。
ちなみに1セッションで申込のできる座席は1種類のみとなっています。

ただし、申込の上限枚数内に限っては一般チケット、車いすユーザーチケット、同伴者の人の分のチケットを同時に購入することができます。

オリンピック追加チケット:第2希望選択サービスとは?

東京オリンピックの追加チケット当選のチャンスがより多くの人にめぐってくるように第2希望選択サービスを採用しています。

例えば、第1希望が水泳、第2希望はカヌー(スプリント)を希望している場合

第1希望の水泳がはずれた場合には、第2希望のカヌー(スプリント)で当選するチャンスがあるというふうに当選確率を上げていくように工夫されています。

オリンピック追加チケット:カスケードとは?

オリンピックの追加チケットの当選機会を広げるためにカスケードの用意もあります。

カスケードサービスは申込時に希望していた席種が落選してしても一つ下の席種のチケットに空きがある場合に抽選対象となりえるサービスのことをいます。

ただこのサービスはチケット申込時に前もって希望しておくことは必須です。

カスケードサービスは例えば席種のB席が落選してもC席が当選する可能性があるということを示しています。このように第1希望と第2希望のそれぞれセッションに設定することで当選漏れを防止することができそうです。

ただし最下位席種、車いすユーザーチケットを選択している場合はカスケード設定することはできません。

スポンサーリンク






オリンピック追加チケット申し込み出来ない場合も?

オリンピック追加チケットの申し込みは第一次抽選で1枚も当選しなかった人が対象となっています。

そのためオリンピックチケット購入も申し込んでいない人は対象外となるようです。

いま初めてチケットを購入しようと思っていても購入できないので注意が必要です。

その他にオリンピックの第一次抽選で当選した人もたとえ申し込んだとしても自動的に落選となります。

第一次抽選の追加抽選販売

2019年8月8日未明より19日11時59分に実施されます。

追加販売のオリンピック観戦チケットの抽選結果は、9月11日に発表となっているので当選者の方は9月24日23時59分までに購入手続きが必要ですね。

ちなみに1人当たりの申し込み可能なチケットは1競技1セッションのみの申し込みとなっています。

1人あたりに当選チケット枚数には上限があります。複数のIDを取得して抽選申込は禁止されていて禁止行為が発覚した場合は申込、当選、購入済のチケットだけでなくサービスの利用資格を停止されることもあるために注意が必要です。

スポンサーリンク







オリンピック追加チケットの種目・競技:まとめ

2020年オリンピックの追加チケットは2019年8月8日から8月19日11時59分までの期間に第一次抽選の追加抽選販売が始まります。

抽選結果は9月11日ですが今回の抽選にてより多くの人に当選してもらうために第2希望選択サービスとカスケードサービスが用意されています。

それにより多くの人にチケット購入してもらってオリンピックを盛り上げていくための工夫がなされています。

ただ今回の追加抽選販売に申し込んだとしても、一次抽選販売に蒸しこまれていない人や一時抽選販売で当選した人、当選したけど購入手続きをしなかった人、今回の追加抽選販売にて2セット以上の申し込みをした人は自動的に落選となるのでルールはしっかりと守って申し込みを行ってください。

ちなみに、対象競技は一次リーグや予選が中心でバレーボール、バスケットボール、ハンドボール、ビーチバレー、ホッケー、陸上なども含まれる予定となっています。

もうすぐ8月8日です。第一次抽選販売で申込したTOKYO 2020 IDでログインをして申込をして当選購入を目指しましょう。

スポンサーリンク