Goods

本を買うのは無駄遣い・借りて読む?積読を減らした方法を紹介します

Man
Man
ついつい「積読(つんどく)」してしまう本がたまっていく、本を購入するのは無駄遣いなのでは?
など思うことはありませんか?

“積読”とは本屋さんで買った本を読まないまま本棚にしまい込んだり、机に積みっぱなしにしてしまったりと放置してしまった本のことです。

本が好き、読書が趣味という方だけでなくともふらっと本屋さんに立ち寄り、面白そうなタイトルの本や表紙の挿絵・写真に惹かれてつい買ってしまった。
という経験があるのではないでしょうか。

本屋さんでは読むつもりで購入したけど忙しくて本を読む時間が取れなかった、購入したもののなかなか読む気分になれなかったなどということが“積読”が徐々に増えてしまう要因です。

本の要約サイトflierフライヤーの割引キャンペーン!料金と無料プランについて 毎日忙しくて読書の時間を取れない人 情報は得たいけど本をすべて読むには時間がない人 本の要約サイトflierフラ...

この“積読”たちを減らすにはどの様な方法があるのか、調べてみました。

本を買うのは無駄遣い・借りて読む?

本を買うのは無駄遣い・借りて読む?積読を減らした方法を紹介します

本を読みたいなら買わなくても図書館で借りて読めばいいのでは?
図書館で借りれば料金もかからず、返却するので“積読”状態にもなりませんね。

でも図書館で借りて読む場合には多少の手間がかかります。

  • 借りるとき、返却するときに図書館まで出向かなければならない。
  • 借用期間内に読み終わらなければならない。
  • 人気の本は順番待ちとなり読めるまでに時間がかかる。

しかも最新刊の場合は図書館でまだ取り扱っていない場合もあるのです。

今すぐ読みたい本、ずっと手もとに置いておきたい本という、本との出会い。
本棚は自分の興味の移り変わりの歴史を表しています。

本棚に本があればいつでも手に取れるという安心感もあります。
図書館で借りた本は返してしまえばまた読みたくてもすぐには読めませんよね。

興味をひいた本はまず図書館で借りて読み、気に入ったら購入し手元に残す。というのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク







本の積読(つんどく)を減らした方法

本を買うのは無駄遣い・借りて読む?積読を減らした方法を紹介します

読む前提で順番待ちをしている本が数冊程度という状態なら良いですが、“積読”状態の本が常にたくさんあるのは問題ですね。

“積読”を減らす方法を見てみましょう。

  1. “積読”の上限冊数を決める。
  2. “積読”場所・スペースを決める、減らす。
  3. 図書館、電子書籍を併用する。
  4. 要約サイトを活用する
Man
Man
ビジネス書や最新刊はなかなか図書館では借りられないですよね?

そこでおすすめしたいのが、本の要約サイトです。

\本の要約サイトを見てみる↓/
10分要約サービスflier

本の要約サイトを利用する

本の要約サイト「flier(フライヤー)」はご存じでしょうか。

Man
Man
ビジネスパーソンや就活生などに役立つビジネス書の要約を公開しています。

「flier」はビジネスに役立つ知識や教養を身につけスキルアップにつなげることが出来ればとの思いから2013年に設立されました。

「flier」では、おすすめの書籍を経営コンサルタントや各分野の専門家によって作成された高品質な要約をスマホやタブレット、パソコンなどで好きな時にどこでも1冊10分程度で読むことが出来ます

書店に並ぶ本の数が多すぎてどれを選んだらよいかわからない、立ち読みしたり書評だけでは十分に内容がつかめない。という時に便利ですね。

Man
Man
無料会員登録で本の要約サイト「flier(フライヤー)」を利用することができます。
「flier(フライヤー)」には、無料コンテンツと有料コンテンツがあります。

詳しくは、▶本の要約サイトflierフライヤーの割引キャンペーン!料金と無料プランについてでも紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

現在、スタートキャンペーンが行われています。
「ゴールドプラン」月額2000円(税別)が1800円(税別)で利用できます。
さらに契約月は無料です。
このお得な機会に試してみてはいかかでしょうか。

\本の要約サイトを見てみる↓/
10分要約サービスflier

「flier」で要約を読み、もっと読んでみたいという本を購入するようにすれば“積読”も減りますね。1冊15分で聴ける音声版もあるので車などの移動中にもおすすめです。

\本の要約サイトをお試し↓/

スポンサーリンク