Baseball

日本シリーズの延長は何回まで?延長戦の最大やルール規定2018

日本シリーズやクライマックスシリーズなど、プロ野球では各シリーズごとにルールが異なるのでわからなくなってしまいますよね。

日本シリーズの2018年は、延長12回で終了した回があったのですが、以前の日本シリーズでは延長15回があったような?

と疑問に思い今回は日本シリーズの延長について調べてみました。

この記事では、

Man
Man
・日本シリーズで同点の場合の延長は何回まで?

・日本シリーズの引き分けの場合
・日本シリーズの延長戦の最大・ルール規定

の順番でご紹介していきますね。

スポンサーリンク







日本シリーズで同点の延長は何回まで?

日本シリーズはクライマックスシリーズとはルールが異なります。
日本シリーズは、延長戦が行われ引き分けとなるときもありますよね。

そこで

Man
Man
日本シリーズ、試合の延長は何回まで?

と思い調べてみると2018年のSMBC日本シリーズの規定は、下記のようになっていました。

延長回は、第7戦までの各試合では12回をもって打ち切りとし、第8戦以降は延長回の制限を設けない。

参照元:http://npb.jp/nippons/2018/information.html

となっていました。2017年の日本シリーズの延長戦の規定は、第7戦までの延長が15回となっていましたので2018年は改定されたようですね。

Man
Man
2018年日本シリーズ第7戦の延長は、15回だと分かりました

延長回は、第7戦までの各試合では15回をもって打ち切りとし、第8戦以降は延長回の制限を設けない。

参照元:http://npb.jp/nippons/2018/information.html

実際に2018年の日本シリーズの初戦は延長12回あと「引き分け」となりました。

次に日本シリーズが引き分けになる場合について紹介していきます。

スポンサーリンク







日本シリーズの引き分けの場合

2018年の日本シリーズの延長戦の規定によると

日本シリーズは、第7戦までは12回までの延長回の制限があるため、その12回までで勝負がつかなければ引き分けとなります。

引き分け試合があると、第8戦以降に突入する可能性が高くなり、上記で説明した通り第8戦以降では延長回の制限がないので、勝負がつくまで延長されることになります。

先に4勝した方が勝ちなので、第8戦ではほとんど決着がつくのですが、それまでに引き分けなどで勝負がつかない場合は特例として第9戦も行われます。

日本シリーズの延長戦の最大・ルール規定

Man
Man
日本シリーズ、延長戦の最大回数は何回なんだろう?

と思い調べてみたところ

今までの日本シリーズでの延長戦の最大回数は2010年のロッテvs中日の第6戦で、延長15回までありました。その試合時間はなんと5時間43分!
18:11に開始され、終了したのは23:54でした。

さらに、2010年の同シリーズでは続く第7戦で、延長12回までの試合となりました。第7戦も試合時間は4時間56分となりました。

スポンサーリンク






日本シリーズの延長戦:まとめ

2018日本シリーズの延長は12回までですが、第8戦以降は延長回の制限がありません。勝敗が決まるまで延長することになります。(2017年の日本シリーズでは延長15回まで)
日本シリーズの引き分けの場合、先に4勝した方が勝ちになるので、それまでに勝敗が決まらなければ第8戦を行い、それでも決まらなければ特例として第9戦を開催します。
日本シリーズの延長戦の最大回数は延長15回までで、試合時間は5時間43分!ルール規定は、第7戦までは延長15回までで、それで決まらなければ引き分け、第8戦以降は勝敗が決まるまで延長します。

日本シリーズのルールがわからなくなってしまった人は確認してみてくださいね。

スポンサーリンク